先週の日記は紹介で終わってしまったので、今週から本格的に日記を始めたいと思います。

と、いうことで、こんばんわ、製本部のかしゅなつです。

ちょっと真面目な話題、製本って一体なんなのか、簡単ではありますが我々印刷業界隈における『製本』の役割なんてものを書いていこうかと。

もちろん印刷に携わってる方なら当たり前の事ばかりですが、知らない方のために。

そもそも印刷業における製本とは、読んで字の如く本を製作することです。

「あたりまえですわなwきくまでもないわ。」

まぁそういわずw

お客様の要望→デザイン→印刷→製本

一連の流れの中での最終工程、印刷された四角い紙を本の形にする。印刷は大きな紙にされます、それを切る。そしてまた本の形にする。お客様にお渡し出来る形にする。(包装、梱包)等々 

こんなところでしょうか、最終工程ということで、ほんとにお客様に渡せるよう出来る限りきれいにつくることを念頭に置いています。

というところで今回の日記はここで終了したいとおもします。かしこ