こんばんは! 4月からブログの更新を通常通り始動させますと宣言しておきながら、すでに中旬に差し掛かっているなか、広報担当Rの久しぶりの投稿です。すいません。

というか、沖津さんのブログだけがどんどん更新されています。彼のブログを読むと分かりますが、以上に足が速いことがわかりますね。さすが駅伝選手。勝てる気がしません。

最近変わったことは・・・特にありません。あ、でも、製本部の仕事を手伝いました。同じ会社内なので、人員が足りなくなれば応援に行くのは当たり前ですね。印刷という仕事は、複数の工程をふんで、すごく手間暇がかかっているということが理解できます。納品日が決まっているのではあれば、それに間に合うようにみんなで力を合わせるんです。一体感が半端ないですよ。

さて本題に移りますが、寒河江印刷株式会社では、電子書籍に続く新サービスとして、ARを始めました。

え、なにそれ?となると思いますが、ARは拡張現実を意味しています。でこれは簡単にいうと、印刷物にスマートフォンやタブレットをかざすと映像が流れだすというものです。すいません、かなり大雑把な表現です。

今までの印刷物では、QRコードを紙面に印刷させ、情報をくわしく求めている人には、ホームページへの誘導をしていました。意外と、これって見る側にとっては手間なんです。

ARを使えば、動画コンテンツを印刷物から発信できますので、伝えたい情報をダイレクトにPRできます。実際に見てみると驚きますよ!年々需要が増えていますので、ちょっとARについて、文章だけで伝えるのは難しいですが、興味を持っていただけるように、定期的にブログから情報を発信していきますね!

ではでは今日はこのあたりで失礼します!