「ステーキを売るのではなく、しずる感を売る」と言葉は、セールスやコピーライティングの世界では有名な格言だと思います。

お腹がすいている人へ向けて、ダイレクトにステーキを売り込もうというのも効果的かもしれませんが、それよりもステーキからほとばしる肉汁や香ばしい臭い、焼いているときのジュージューいっているイメージを消費者に連想させた方がセールスとして成功しやすいというものです。

これはコピーライティングによる高度な技術によって、文章と写真で相手に伝えることは可能ですが、今の時代であれば、映像という手段を使ってより現実的で動きのあるイメージを伝えることができます。近代技術の賜物ですね。

映像を使えば、ステーキが飛び出る肉汁が流れる様子、鉄板の上で焼かれるジュージュー音、タレをつけて口へ運ばれる光景など・・・視覚的にダイレクトに伝えることができますので、文章では表現できない細かい描写も、見ている人へ分かりやすく伝えることができます。

やはり飲食店の広告関係でこういった映像を使った広告は非常に有効的だと思います。人間の根源的な欲求である食欲は誰しもが持っているものですから、訴えかけられるチャンスは多いです。

こういった広告を出すときに、ARを利用してみるのはいかがでしょうか? QRコードのように外部サイトへ誘導することなく、印刷物の上からそのまま映像をお見せすることが可能になります。おいしそうな料理の映像をお伝えできれば、きっとお店まで足を運んでくれる方が増えますよ!

興味のある方へ、ARサンプルをおつくりいたしますので、お気軽にお問い合わせください! 販促効果の見込めるサービスですので、ぜひともよろしくお願いします。